Tel.092-409-4649
つつい皮ふ科
形成外科クリニック
〒812-0018
福岡県福岡市博多区住吉4丁目8-24
住吉メディカルビル3F

皮膚科

アトピー性皮膚炎、湿疹、かぶれ、手の湿疹、手荒れ、じんましん、皮膚潰瘍、乾癬(かんせん)、掌蹠膿疱症、とびひ、帯状疱疹、単純ヘルペス、いぼ、みずいぼ、肝斑、しみ、にきび、円形脱毛症、水虫、癜風(でんぷう)、虫刺され、疥癬、頭じらみ、毛じらみ、しもやけ、皮膚腫瘍(粉瘤、脂肪腫、色素性母斑など)など 皮膚疾患全般を診療しています。
ご遠慮なくご相談ください。

症状別

尋常性痤瘡(にきび)

にきびとは、皮脂が毛穴の中にたまることから始まる慢性的な皮膚の炎症です。 毛穴の閉塞と皮脂分泌の増加により起こり、毛穴の中でアクネ菌という細菌が増えることで悪化します。 小さな発疹ができ、やがて炎症が起きて赤みが強くなったり、膿をもったりします。 適切なスキンケアと生活習慣の見直しをベースに、外用薬や内服薬で治療します。

酒さ(赤ら顔) 酒さ様皮膚炎

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の原因は、解明されていないことも多く残されていますが、喫煙、症状が感じられない程度の扁桃炎や歯周炎[病巣感染(びょうそうかんせん)]、頑固な便秘や過敏性腸症候群、金属アレルギーなどが発症に深く関わっている例が多くみられ、ストレスをきっかけに始まることが多いです。

接触性皮膚炎

原因や種類が何であれ、接触皮膚炎ではかゆみと発疹が生じます。 アレルギー性接触皮膚炎では通常、重度のかゆみが生じます。 刺激性接触皮膚炎ではかゆみよりも痛みがよくみられます。 どちらの接触皮膚炎でも、発疹は様々で、軽度の短期的な発赤から、重度の腫れと大きな水疱まであります。ほとんどの場合、発疹の中に小水疱がみられます。発疹は物質に触れた部位にのみ生じます。しかし、発疹は初期には皮膚の薄く敏感な部位に生じ、後に厚い部位や物質とあまり触れていない部位に生じて、発疹が広がったような印象を与えます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

蕁麻疹

じんましんとは、皮膚の一部が突然かゆみとともに赤くなって盛り上がり、しばらくすると消える、といった症状を繰り返す病気です。最初の症状が出始めてから1ヵ月以内のものを「急性じんましん」、それ以上続くものを「慢性じんましん」といいます。じんましんの原因としては、身の回りのさまざまなものが考えられ、よく知られている食べ物以外にも、薬、ストレス、発汗などもじんましんを引き起こすことがあります。また、原因を特定できないことも多くあります。

乾癬

乾癬は皮膚の炎症症状を伴い慢性の経過をとる病気です。「かんせん」という名前から「人から人にうつる」と誤解されやすいのですが、他の人に感染する病気ではありません。皮膚症状の見た目や現れる場所は人によってさまざまですが、頭皮や髪の生え際、ひじ、ひざなど比較的外からの刺激を受けやすいところに出やすいという傾向があります。典型的な症状は、皮膚から少し盛り上がった[浸潤・肥厚(しんじゅん・ひこう)]赤い発疹[紅斑(こうはん)]の上に、銀白色のフケのようなもの[鱗屑(りんせつ)]がくっついてポロポロとはがれ落ちます。

単純ヘルペスウィルス

Herpes(疱疹)という言葉は、小水疱(小さいみずぶくれ)が集った急性炎症性皮膚疾患のことをいっていま す。Herpesはギリシャ語で「這う」という意味で、もともとは真菌症(カビの感染症で、いんきんたむしなどがあります)や、丹毒、皮膚癌など這うよう に拡大する皮膚疾患すべてをさしていましたが、19世紀になって妊娠性疱疹、疱疹状膿痂疹、疱疹状皮膚炎、単純疱疹、帯状疱疹などの水疱性病変を作る疾患 のみに使われるようになりました。しかし、現在は単にヘルペスというときは、単純疱疹、または帯状疱疹をさしています。 軽症の場合、抗ヘルペス薬(アシクロビル、ビダラビン)の外用を行いますが、原則的には、抗ウイルス薬の全身投与が基本です。近年米国のFDAで、市販薬として抗ウイルス薬外用薬の使用に対し、耐性ウイルスの出現を増加させるおそれがあるとして警告を発しております。

帯状疱疹

身体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点(はんてん)と小さな水ぶくれが帯状(おびじょう)にあらわれる病気です。この症状に由来して、「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」という病名がつけられました。 帯状疱疹は、身体の中に潜(ひそ)んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こります。水ぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

扁平疣贅(いぼ)・尋常性疣贅(いぼ)

平疣贅せいねんへんぺいゆうぜいとは、ヒトパピローマウイルス3型および10型に感染することによって額や頬、手背に生じる皮疹のことです。いわゆる「イボ」とよばれる皮疹です。皮疹は、大きさは直径1cm以内でやや膨らみがあり、薄紅色の平たい形をしているのが特徴です。 一般的に皮疹は複数個が同時にでき、かゆみが生じます。皮疹部をかくと皮疹同士が癒合したり新たな皮疹ができたりすることもあるため注意が必要です。 青年期の女性に発症しやすく、治癒に数年を要することもあるため、女性にとって大きな心理的ダメージとなることも珍しくありません。

伝染性膿痂疹(とびひ)

とびひとは、皮膚に細菌が感染することで起こる皮膚の病気です。 湿疹や虫刺されなどを掻きこわした部位に細菌が感染し、そこから“飛び火”するかのように周辺や離れた部位に症状が広がります。 とびひには、水ぶくれができるタイプと、厚いかさぶたができるタイプがあります。 抗菌薬の内服や外用薬による治療が有効ですが、患部をよく洗って清潔に保つことが大切です。

足白癬(水虫)

足白癬(あしはくせん)は、感染症の一種で、白癬菌(はくせんきん)が足の指や足の裏など皮膚の角質やその下の皮下組織を侵食することで、痒みや炎症などが起きる。日本では一般的な通称は水虫(みずむし)足白癬には2種類あり、足の裏の角質が肥厚して硬くなる角化型白癬(かくかがたはくせん)と、水疱や皮膚剥離(薄く皮が剥ける)が発生し、発赤や痛痒感などを伴う汗疱状白癬(かんぽうじょうはくせん)が存在する。

爪白癬(爪水虫)

爪白癬は、足白癬と同様に、白癬菌というカビの仲間が爪にすみついたために起こる感染症です。 爪白癬のほとんどは、白癬菌が爪の中に侵入し、爪の下部をすみかとするものです。爪の症状には色々ありますが、一番多いのは爪が白~黄色に濁って,厚くなることです。そしてその爪の下がボロボロになるのも大きな特徴です。爪白癬は爪の先端から始まり、徐々に根元のほうに拡大するパターンが多くみられます。また爪の先端から縦に黄白色の筋ができることもあります。通常見た目だけの問題ですが、爪が厚くなると、靴にあたって痛くなったり、歩きにくくなったりすることもあります。爪白癬の診断は肉眼所見だけでは不十分で、正しい診断を下すためには爪の濁った部分を削って、顕微鏡で白癬菌の有無を調べます。この検査で白癬菌が確認されると、爪白癬と診断されます。

梅毒

梅毒は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です。原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、病名は症状にみられる赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることに由来します。感染すると全身に様々な症状が出ます。 早期の薬物治療で完治が可能です。検査や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると、長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。時に無症状になりながら進行するため、治ったことを確認しないで途中で治療をやめてしまわないようにすることが重要です。