つつい皮ふ科形成外科クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.092-409-4649

よくある質問

Question

形成外科とはどんな外科ですか?
全身体表面の形や色の変化(変形・醜状)を治療する外科です。
事故による傷ややけどを修復する、あるいは先天的な身体の欠損、変形によってハンディキャップをもっている人たちを正常な状態にもどす外科です。
整形外科とは違うのですか?
語韻が似ているのでよく混同されますが、整形外科は主として、骨、関節の外科です。形成外科とは異なります。
美容整形もややこしい言葉ですが、いわゆる美容外科のことでこれも整形外科とはまったく異なります(次で説明)。
これは、まぎらわしいので医療法で美容外科と呼ぶようになりました。
形成外科と美容外科はどう違うのですか?
美容外科とはまぶたを二重にしたり、鼻を高くしたり、乳房を大きくしたり脂肪をとったり美容を目的に元々正常な体にメスを加えるものです。形成外科の技術を、美容を目的とした手術に応用する医療行為で、形成外科の基礎のうえに成り立っているものです。形成外科は保険が使えますが、美容外科は保険が使えず、自費になります。
形成外科は何のために必要なのですか?
昔はどんな手術でも、外科だけでやっていました。
しかし医学が進歩し複雑 になってくると、何でも一つの科ですることが難しくなり専門家が生まれてきました。
いろいろな植皮術、皮弁形成術 等の形成外科手術が開発されるようになると、高度な技術を習得した形成外科専門医が必要になってきたのです。
又以前は、傷を治すのもただキズがくっつけばいいと考えていました。いまでもそのような考えが残っていますが、傷跡が大きな悩みになっている人もいます。
それらを解消するためにも形成外科が必要です。
どんな傷あとも消せるのですか?
けがが原因でも、手術が原因でもいったん出来た傷跡は、完全に消してもとのキズのない皮膚にすることは現在の医療技術でも不可能です。
しかし、目立つ傷跡を目立たない傷跡にすることは可能になってきました。
形成外科の重要な仕事の一つです。
乳ガンの手術のあとも直せるのですか?
はい、乳房の再建術の進歩でかなりのところまで直せるようになりました。
乳房を無くされた女性にとっては、肉体的な苦痛よりも精神的な苦痛の方が 大きいことも多々あります。乳房再建というのは、手術によって傷跡を小さくし 形を整えることで患者さんの心の悩みを軽くすることだと言ってもいいと思います。
形成外科はどこにでもあるのですか?
最近は形成外科を持つ病院が増えてきてはおります。しかし、残念ながらまだ十分な形成外科医がいると言えるまでには至っておりません。しかし、形成外科がない病院でも、どこかの科の中 (耳鼻科、皮膚科等)で形成外科の診療を行っている 医師がいるところも増えてきています。
いま、専門医は何人くらいいるのですか?
学会認定医という資格を持っている専門医は約1,000人(平成10年9月現在)くらいいます。
日本形成外科学会の会員の中で、形成外科を専門にやりたい人が資格審査をパスすると、学会で認定医の資格が与えられるシステムになっています。
美容外科では健康保険が使用できないので、かなりお金がかかるそうですが形成外科の場合はどうなっていますか?
形成外科で取り扱う病気や変形の大部分は健康保険が使えます。
厚生省では「良性皮膚腫瘍および母班、瘢痕変形、唇裂、小耳症、四肢奇形 など身体外表部の後天性及び先天性変形では、いわゆる美容のためのものは給付外とするが、社会通念上医師として、治療の必要があると認められるものには給付して差し支えない」という通達をだしています。

形成外科の医師に、遠慮しないで相談して下さい。